顔のコンプレックス

顔のコンプレックス

顔のコンプレックス

顔のコンプレックスも、見ようによってはチャームポイントになります!

 

勝手にコンプレックスに感じて、マイナス思考になってしまうほうが問題です。

 

恥ずかしがらずに前向きに過ごしていくことで、今までコンプレックスに感じていたことも気にならなくなる日が訪れます。

 

最初のうちは辛いかもしれないけど、そこを乗り越えたらまた違った世界が待っています。

 

 

私の外見上の悩みの一つは、顔が老けて見えることです。

 

というのもシワやシミが多く、笑った後などは特にほうれい線がくっきりと残ってしまいます。

 

また若い頃のにきびのせいで毛穴の開きも目立ち、鼻の頭などはそれが顕著に見られます。

 

こうした顔の肌の老化が年齢以上に進んでいることに、とてもコンプレックスを感じています。

 

老け顔

そのせいで恥ずかしい思いをしたことはありませんが、やはり同僚と比べると自分のほうが老けて見えるため精神的に落ち込んでしまいます。

 

スポーツをすれば結構も良くなって肌の新陳代謝も期待できると思いましたが、特に変化は感じられませんでした。

 

また、紫外線に当たるとシミができやすいと聞いて日焼け止めクリームなども使いましたが、一度できてしまったシミをなくすのは難しく効果はありませんでした。

 

 

そこで最終的に行き着いたのが、ファンデーションを使う方法です。

 

男性用のファンデーションが発売されているので、それでできるだけシミやシワをなくそうと毎日使用しています。

 

ただ、シワをなくすのはファンデーションでは難しく、塗りすぎても粉っぽくなってしまうことから対処に困っています。

 

シワをなくしてくれるコラーゲン注射といったサービスもあるようですが、費用もかなりかかるそうですし、トラブルも不安に感じます。

 

いつかこうした男性のシミやシワを改善してくれる方法が提供されればと期待しています。

 

それまでは顔のマイナスを隠しながら、婚活をしていかなければなりません。

 

人柄などもアピールしてもらえる仲人さんがいる結婚相談所を比較して入会しました。

 

外見だけでなく、性格や人柄なども全面に出してアピールしないと結婚できないような気がしています。

 

続きを読む≫ 2014/03/24 16:54:24

私は、小学生の頃に歯が生え変わった頃からずっと歯並びが悪くてそれを隠す為に上手く笑えませんでした。

 

親にも相談したのですが、歯列矯正をする金銭的な余裕がないことや大人になって歯並びが良くなったという話を聞き我慢していました。

 

 

しかし、そのまま大人になり社会にでて働きだし自分で働いて歯列矯正をしようと考えていました。

 

寝る時に濡れたマスクをしたら良いとか、押せば歯並びが良くなるなど聞き、色々試しましたが大人になってからでは効果が薄いようでダメでした。

 

 

ある日偶然テレビで、芸能人のAKB48の大島優子さんがテレビで「外見のコンプレックスはありますか?」と聞かれ「昔は歯並びが嫌でした。

 

でも今はビーバーみたいで大好きです!」と言っているのを聞いて、私も気持ちが軽くなりました。

 

 

それに重なり、お付き合いしていた彼に歯列矯正の相談をすると、気になったことが1度もなかったと言われてビックリしました。

 

自分が気にしている程、他人は人のことを気にしていないものですね。

 

コンプレックスも気持ちの持ち方や、考え方だと思います。

 

歯並びは悪いままですがチャームポイントぐらいに思えるようになりました。

 

今では、転職し接客業で人と話すことも人前で笑うことも大好きです。

 

続きを読む≫ 2013/12/06 15:48:06

私のコンプレックスは赤ら顔である、ということです。

 

二十歳くらいまでは普通だったんですけど、就職したくらいから何だか「赤いな」と思うようになって。

 

その期間に急激なダイエットをしたので、ホルモンバランスだかが崩れてそうなってしまったのかも、と思っています。

 

幸い(?)色黒なのでそこまで目立ちませんが、やっぱり治したいとは思っています。

 

 

試してみたことがあるのは、薬用の石鹸です。

 

「酒さ」という、顔に赤みが差す症状があるそうで、「もしかして自分はこれなのでは?」と思って、1つ3000円もする外国製の石鹸を買ったんです。

 

残念ながら、全米で○○万個売れた、という煽り文句は、私にはあまり当てはまりませんでした。

 

一瞬は白っぽくなるんですが、使わなかった翌日は元通りですから、これではあまり意味がないなと。

 

続ければ効果があるのかもしれませんが、さすがに石鹸1つに3000円は出し続けられませんでした。

 

 

それ以降でやっているのは、「ちょくちょく耳を引っ張る」ということ。

 

これは変ですけど、効果はあります。

 

「頬が赤くなるのは血液が集まっているから。他に分散させれば目立たなくなる」

 

というのを本で読んで、試してみたらこれが効いたんです。

 

もちろん、これもかなりその場しのぎですけどね(笑)。

 

でも、写真を撮られるとかいう際には有効なので、今のところは「耳引っぱり」でお茶を濁しているんです。

 

続きを読む≫ 2013/12/05 19:14:05

私の小さい頃からのコンプレックスは目が一重であるということです。

 

 

特に私は腫れぼったい一重なので、見た目の印象がとても大人しく見えるようで「話すと結構明るいんだね」といわれることが多々ありました。

 

それは良いことなのかもしれませんが、当時の私は「やはり見た目が暗く見えるんだ・・・。」とコンプレックスのせいでネガティブに考えるようになってしまっていました。

 

 

10代の頃は自分の顔を鏡で見るのも嫌でした。

 

コンプレックスのせいで恋愛にも積極的になれませんでしたし、自分に全く自信が持てませんでした。

 

 

その後メイクをするようになり、メイクで何とかごまかせるようにと様々な色のアイシャドウを試したり、アイライナーやマスカラ、つけまつげなどを使い自分なりに研究して、多少目が大きく見えるメイクができるようになってきました。

 

その後、二重テープなども使用し、見た目は二重に見せることができるようになり、メイクや二重テープをすることで以前より少しコンプレックスが薄れましたが、それでもメイクを落とした後の顔は変わらないので、真剣に整形手術も考えました。

 

しかし、以前からの友人の反応などを考えるとどうしても踏みきれず、結局コンプレックスは持ったままでした。

 

ある時二重テープや、つけまつげののりに皮膚がかぶれるようになってしまい、しぶしぶそれらをやめたところ、(アイメイクは目が大きく見えるような濃いめの色を使用してましたが)意外にも周りから「そっちのほうがよい!」と言ってもらえることがとても多く、今ではテープもつけまつげも使用していません。

 

 

今、つけまつげやテープを使用していた頃の写真を見ると客観的に感じることができ、お化粧濃かったな〜と反省しています。

 

確かに今のほうがナチュラルだし、好感が持てると自分でも思います(笑)

 

目を大きく見せることにばかり気を取られていたけど、それは間違いだったと気付かされました。

 

やはり、全体のバランスが大事ですよね。

 

 

これからは自分に似合った好感のもてるメイクを研究していきたいと思います。

 

続きを読む≫ 2013/11/19 22:10:19

もう何年も悩んでますが生まれながらにして団子鼻です。

 

今はもう昔ほど深刻に悩む事もなくなりましたが思春期の頃は、それはもう辛くて辛くてたまらなかったです。

 

 

中学時代に1度、同級生から悪戯電話がかかって来たんです。

 

「お宅に豚が逃げ込みました。捕まえてもらえますか?」と。

 

相手にしたら、ちょっとしたお遊びだったんでしょうけど物凄く傷つきました。

 

 

それは、ちょっとしたトラウマとなり社会に出てからも被害妄想が激しい人間になったと思います。

 

例えば就職の際に書類選考で落ちれば「完全に顔のせいだな」と思ったり。

 

何でも顔のせいにして逃げてたような気もしますが。

 

 

最近は、もう昔ほど気にはしてませんが整形が当たり前!みたいな世の中になって来てるので「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と断固拒否してた整形も「ありかな?」と思い始めてます(笑)

 

値段を調べたらピン切りですが費用は「責任持って私が出します」と親が言うので。(親も重度の団子鼻です)

 

親からまで勧められてしまう。ってどーなの?って感じですけど。

 

 

「でも、その前にやれる事はやってみよう。」と思いネットで調べたら「鼻を高くする器具」があったり「マッサージをするとイイ」とか「叩くとイイ」とか様々な情報がありました。

 

悩んでる方が多いんでしょうね。

 

 

ですから手術に踏み切る前に出来る事は、、、と最近はマッサージをしたり叩いてみたりしてます。

 

効果があるかどうかは分かりませんけど。

 

暫くやってみて、それでもダメだったら整形しちゃうかも!?

 

やっぱり外見は悪いより良い方がイイですもんね。

 

続きを読む≫ 2013/10/11 06:19:11